“女陰”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぢよいん33.3%
ちょいん33.3%
ほと33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をやち○笠をてつか○人の死をまがつた又はへねた○男根をさつたち○女陰。此あまたあり、さのみはとてしるさず。
「オイ見ねぇ。ヨニ(女陰)が声色をつかってやがらあ」
艶色落語講談鑑賞 (新字新仮名) / 正岡容(著)
泰文はでたらめな箴言に勿体をつけるつもりか、拍手をうって花世の女陰を拝んだり、御幣で腹を撫でたり、たわけのかぎりをつくしていたが、おいおい夏がかってくると
無月物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)