斬られたさにきられたさに
「アッハッハッハッハッ……」 冷めたい、底意地の悪るそうな高笑いが、小雨の中の片側松原から聞こえて来た。小田原の手前一里足らず。文久三年三月の末に近い暮六つ時であった。 石月平馬はフット立止った。その邪悪な嘲笑に釣り寄せられるように松の雫に …
作品に特徴的な語句
とどめ 端折はお 決定とりき ひっさ 敏捷はや がさ とと 立会であ 市中まち じゅう 方向ほう しも わたくし 奴輩やつども 真相しょうもく さかずき 退しりぞ 扮装いでた 何人なにびと 無反むそ かつ 真相こと 讐討あだうち 名跡みょうぜき はつ 退さが 歓待ほと つき もと 定跡じょう かさ あた はず 言句げんく 芳香かおり かたじけ 真実まこと ぶん 美味おいし わき たい 何卒なにとぞ 差許さしゆるす 差出さしで 懐紙ふところがみ しか 武士もののふ 低頭うなだ つか 投入なげいれ 宿しゅく 酒袋しゅたい かな わたし 妖艶あでやか かた 平生いつも うらやま 生国しょうこく 見付みつけ 天晴あっぱ 清見せいけん 見識みし うかが 退 酒肴さけさかな かたき のち あに 仔細わけ じっ 心底しんてい 雇婆やといばば かか つか 番頭ばんがしら 胆玉きもたま 申付もうしつけ うち あやま あらかじ 唐紙とうし 主立おもだち 饗応もてなし つき 後々あとあと