宿命しゅくめい
序に代へて 散文詩とは何だらうか。西洋近代に於けるその文學の創見者は、普通にボードレエルだと言はれてゐるが、彼によれば、一定の韻律法則を無視し、自由の散文形式で書きながら、しかも全體に音樂的節奏が高く、且つ藝術美の香氣が高い文章を、散文詩と …
作品に特徴的な語句
ささ カルマ チエン 生活らいふ いさ しづく 生活ライフ へり だましひ つつ 寢床ベツト とど 甲板でつき 甲板デツキ 草木さうもく 今日けふ なんぢ 自我エゴ 沈默しじま 精靈スピリツト 木偶にんぎやう 蟾蜍ひきがへる 潮水しほみづ 觀念イデア 天日てんじつ くろ 倫理モラル 銅牌メダル かたち 再度ふたたび 酒盃さかづき 四方よも よる 天幕てんと 廣間ホール まがき 終日ひねもす くじ 空洞うつろ 罪人つみびと ほこら 蚯蚓みみず 翩翻へんぽん 背後うしろ 臥床ふしど 船窓ハツチ すみれ 處女をとめ 煖爐ストーブ すべ 軍靴ぐんくわ 隱衣かくし 食卓テーブル 骰子さいころ 麥酒ビール 黄昏たそがれ 挨拶あいさつ ぬし 仁義じんぎ 仇敵かたき 何所どこ 何時いつ 何處どこ 健氣けなげ そば 反響こだま 因縁いんねん 小出こいで 彷徨さまよ 懶爾らんじ ドア 白痴ばか あけ 机卓つくゑ 機因チヤンス 歳日としひ くら 波宜はぎ 海豹あざらし 瀰漫びまん 一頃ひところ もの いらか 生生なまなま 畦道あぜみち 白晝まひる