“緋呉絽”の読み方と例文
読み方割合
ひごろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その結果平次は、小屋の外の石の下から、小判で十兩の金と、それを入れた緋呉絽の贅澤な金入を一つ見付けたのです。
して居たが、お前が緋呉絽の金入と細紐を持つて行つて、下女のお伊曾と話して居るのを訊いて、お留は極り惡さと濟まなさで、死ぬ氣になつたことだらう