“絽蚊帳”の読み方と例文
読み方割合
ろがや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
琴ばかりが十面もねてあるし、紫檀と見える箪笥には黄金の金具が光を放ち、友禅の夜具、定紋のつづら、金泥衝立御簾絽蚊帳象牙もの、螺鈿もの
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
水にねし嵯峨の大堰のひと絽蚊帳の裾の歌ひめたまへ
みだれ髪 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
すくすくと伸びて見えるのは寮の裏にあたる男松女松、そこから吹き込んでくる朝の涼風は、まだ起きもやらぬ長廊下をそよそよと流れて、奥の数寄屋に見える水色の絽蚊帳を波うたせていた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)