“絽明石”の読み方と例文
読み方割合
ろあかし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏の素膚の不断の絽明石真白に透く膚とともに、汗もかかない帯の間に、いつも千円束が透いて見える、と出入りの按摩が目をいたのが、その新川の帳尻に
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)