“ぼうふら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
孑孑81.8%
孑孒9.1%
孑々4.5%
孑子4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
石油は強い殺虫剤です。下水やへ流しておくと孑孑が死にますから蚊が発生しません。稲の害虫をムラという悪い石油で殺す事もあります。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
日本人が真に日本の土の中から生れ、日本の言語が全く独立に発生したと考えるのは、孑孒が水から発生すると考えるよりも一層非科学的である。
短歌の詩形 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
「そうだ、船中の蓄え水には孑々がわいていた。これで腹の中の孑々も死ぬだろう。……だがまだ」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ときどきこの大窓の雪渓に、孑子よりもまだ小さな黒点が、認められることがある。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)