“うん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウン
語句割合
39.2%
12.2%
10.1%
9.5%
4.7%
2.7%
2.0%
1.4%
1.4%
1.4%
沢山1.4%
1.4%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
福運0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
運命0.7%
0.7%
阿呍0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ぼくはがよかったよ。こん夜はめてもらいたいね。ひさしぶりにゆっくりりたいんだ。ベッドをでよごしてすまなかったね。
外見はちょっとらしいが、これも案外親切ものでね。お前さんさえといったらそれこそ二人で可愛がって、堪能させるのは受け合いだ。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
乃公が音頭とるべい。音頭とるべいが、皆であとやらんといけねえぞ。音頭取りばかりにさしちゃいけねえぞ——ソラ、ジンバラハラバイタァ」
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
食堂に現われる時の葉子の服装だけでも、退屈にじ果てた人々には、物好きな期待を与えた。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
それとほとんど間髪を入れず、馬場屋敷の屋根棟から「」という気合の声がした。と、暗中に抛物線を描き、一筋の捕り縄が投げられた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
般若の哲学 これから申し上げるところは、「観自在菩薩般若波羅蜜多をずる時、五は皆空なりと照見して、一切の苦厄したもう」
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
「帰るなら帰ってもいいわ。だのだのってなんです。」
五通 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
と云えば殺され、と云えば是迄通り出入をさせ、其の上多分のお手当を下さるとの事、お金がくはございませんでしたが、全く殺されますのが辛いので
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
致されたり斯て天一坊の威光熾盛に下に/\と呼りつゝ芝八山の旅館を指て歸りける此時大岡越前守には八山の方を睨付と計り氣絶せしかば公用人をめ家來等驚いて打寄氣付藥を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一首の声調にが少いという欠点があった。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ツからでなければさうにもないぢやが、其処はおらがぢや、うまく仲人して、二や三はお嬢様御不自由のねえやうに、翌日はものにして沢山此処んます。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
という最後の村を過ぎてからも、ガソリン・カアはなおも千曲川にどこまでも沿ってゆくように走りつづけていたが、急に大きなカアブを描いて曲がりながら、楢林かなんぞのなかを抜けると
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「そんなことはあるもんか。そうそう坊のッさんは長ので、おめえの稼ぎを杖とも柱ともしてるンだってな。都頭さん、この小僧はとても親孝行なんですよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おお坊、いいとこへ帰って来た。こちら様を知ってるか。都頭の武松さんだぞ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
マーキュ 引掻かれた/\。はて、これで十ぢゃ。侍童めは何處にをる? 小奴、はよって下科醫者んでい。
とても、體裁つくり、そなことをひはせぬ、とひたいは山々なれど、作法は、もうおさらば! もし、可愛しううてさるか?「」と被言るであらうがな。
心ゆくまで湯につかつたあとのやうに快い亢奮の余が彼の心のすみずみまでゆきわたつてゐた。杏平は何がその原因なのか考へもしなかつたけれど。
登つていつた少年 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
わが国で寅年に生れた男女に於菟という名を付ける例がしばしばある、その由来は『左伝』に楚の若敖より妻を娶り闘伯比を生む
引拔て三吉が眞向より殼竹割に切割りければ三吉はともず二ツに成て死したりけり仁左衞門は小猿に向ひ先々是にて安心せりとて彼死骸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
官員で、朝帰りで、洋服で、釣ってりゃ馬鹿だ、と天窓から呑んでかかって、中でもらしい奴の黄金鎖へ手を懸ける、としまった! この腕をと握られたんだ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
金田 こそなんか、そぎやんば、やあち……。おい、とみ公、コンニヤクを一杯……。
牛山ホテル(五場) (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
おち椿ふみては人のこひしくて春日七日をじぬる里
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
小屋に辿りついて裏口から入って行くと、息苦しいほどの気のたちこめた薄暗いランプの下で、狭山はこちらに背を見せて然と坐っていた。
海豹島 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
青年は不思議に命をうしたばかりでなく、三十を越えても死なないで、無事に天寿を保った。この渡しは今でも州の瑞安にある。
だが父樣はどうして靜夫樣と御知りなすつたのだろふ、て居て、知ている所か私柄と、いやまて思は思をで心經の高ぶつて居今、何事も胸にと
うづみ火 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
彼女も私と一緒に、自分の福運を只夢を見ていたのだ。私は遂々其の夢を本当にしてやることが出来なかった。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
幼名を頼助、後に恒太郎、明義、またと称して、四十六歳以後は、その芸の字劃を二つにわけて草雲と号した。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あの僧尼達は、自分が手を動かさずして世を渡り、そのうえ戒律を守らないで、婬を貪り、い、酒を飲んだので、牛馬にして人に報いをさすところだ」
令狐生冥夢録 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
……菜大根、茄子などは料理に醤油え、だという倹約で、大蒜辣薤と申す五を、空地中に、植え込んで、塩で弁ずるのでございまして。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「しかたがないわ。みな運命だわ。」
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
次には若い勇士のお前を、良令にしてそう。10910
男は何か言はうとして、僅に手先を動かしたが『阿呍』と一唸呻、言下に反繰返つて仰樣れた。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)