短歌たんか
○ 鞦韆のさゆらぎ止まぬ我が庭の芭蕉卷葉に細し春雨 おち椿ふみては人のこひしくて春日七日を惓じぬる里 流れ來て加茂川さむき春のよひ京の欄人うつくしき あけぼのの花により來しそぞろ道そぞろあふ人皆うつくしき 松落葉ふみつつ行けば里ちかし朝靄み …
作品に特徴的な語句
珈琲カフイ 可愛かは 巨人きよにん こき 飛鳥ひちやう 寂寞しじま 大路だいろ ゑみ なる ぐん おもひ 悲愁ひしう 稽古さらへ しゆ 古家ふるがや とも 水甕みがめ をさ おろか 水際みぎは 小路こうぢ 梅雨さみだれ 小人せうじん あめ ゑひ うを うん 新月にひづき べに 人形にんぎやう みす どぶ まなこ 眞洞まぼら 放埒はうらつ 公園こうゑん 古年ふるとせ 孤獨ひとり 遠鳴とほなき ゆか 接吻くちづけ みち 通夜つや 米專こめせん 欠伸あくび 酒店さかみせ 街粧まちづく 紅椿べにつばき 紅熱ぐねつ 鋪石しきいし 碑石いし 馬手めて 石工いしく 落日らくじつ 新昇しんしよう しん そば 共住ともず 初會はつゑ 南國なんごく 大河たいが 寂律さびしみ 小出こいで 帷子かたびら 御國みくに 御手みて 我幸わがさち 捕虜とりこ 盃杯さかづき 晩秋おそあき 木犀もくせい 木精こだま 木遣きやり 橋側はしそば 氷柱つらら 池邊ちへん 燈火ともしび 燭灯ともし 片割かたわれ しろ 百千ももち
題名が同じ作品
短歌 (新字新仮名)宮本百合子 (著)