“馬手”の読み方と例文
読み方割合
めて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彌次馬の聲援、畢竟は我が味方と、芳は勇み立つて、無手と對手の襟髮を掴むや、馬手の下駄は宙を飛んで、その頬桁を見舞はんとす。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
太郎太刀を「薙刀の如く」ふりかざし、馬手弓手当るを幸いに薙ぎ伏せ斬り伏せ、ざま横ざま、十文字に馳通り、向う者のの真向、の袖、微塵になれやと斬って廻れば、流石の徳川勢も
姉川合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
ろやかに馬手は胸の上に置き左苺の草つむ少女
短歌 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)