“弓手”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆんで71.4%
ゆみて28.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“弓手”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
忠利は眼もくれないで、もう次の矢をつるに懸け、足をふみ開いて、弓手ゆんでを眉の上にかざしていた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
第四行めの『ゆんでゆんで』は、これもむかしのことばで、弓手ゆんで弓手と書くのです。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「ここは江戸だ。しかも深夜だ、よもや鉄砲を撃つことは出来まい。撃ったが最後世間へ知れ、有司ゆうしの疑いを招くだろう。邪教徒の教会はすぐに露見だ。一網打尽に捕縛ほばくされよう。……断じて鉄砲を撃つ筈はない……弓手ゆみての方さえ注意したら、まず大丈夫というものだ」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
討手の方々よく聞き候え、我ら木曽家に怨みはなけれど、我らを養う甚五衛門殿の危急の場合と見て取ったれば、日頃の恩に報ずるため防ぎ矢少々差し上げ申す。かく云う我らは伊勢の豪族北畠家の家人けにんとして弓手ゆみての一人に数えられたるくろがね主馬之介と申す者、故あって主家を浪人し今では花村家の食客かかりゅうど
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)