“ゆんで”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
左手92.9%
弓手4.4%
右手1.8%
一番左手0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藤枝の左手がさつと左に開くと、はめこみになつた鏡はそのまま左の縁を中心にしてあたかも箱の蓋のように前にとび出して来た。
殺人鬼 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
第四行めの『ゆんでゆんで』は、これもむかしのことばで、弓手弓手と書くのです。弓をもつほうの手、すなわち左手の意味です。
怪奇四十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
丁度十楽院御陵近処まで来ると、如何したのか、右手にさしておるが重くなって仕方がない、ぐうと、下の方へ引き付けられる様で、中々らえられないのだ、おかしいと思って
狸問答 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
ルパンは再び客間に帰って扉口を調べにかかったが一目見て愕然として戦慄した。一目瞭然、の羽目板は六枚の小板を合せたものであるが、その一番左手の板が変な具合にっておる。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)