“睹”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことあらわれ夫おそれて妻を離縁したと載せ、スプレンゲルはある人鬼がその妻を犯すを、刀をふるうて斬れども更に斬れなんだと記す。
しかるに形躯けいく変幻へんげんし、そう依附いふし、てんくもり雨湿うるおうの、月落ちしん横たわるのあしたうつばりうそぶいて声あり。其のしつうかがえどもることなし。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
露伴、幸田氏のものされたる、「いさなとり」をひもとけば、その壮観、目に親しくるがごとき詳細なる記述に接す、われ敢てここにぜいせず。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)