“逆睹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎゃくと85.7%
ぎやくと14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ましてや、武田四郎勝頼、伊那丸の父である。事実、天目山討死していなかったとすれば、天下の風雲、さらに逆睹すべからざることになる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや彼が稀世の怪物なら、時雲のうごきも一寸さきが逆睹できない怪雲であるから、彼自身にさえ、ほんとの腹は固まってないのかもしれなかった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
併しながら、局部の些々たる勝利から全線の勝敗が逆睹されないと同じく、そんなことはいうに足りない。
文芸運動と労働運動 (旧字旧仮名) / 平林初之輔(著)