太郎坊たろうぼう
見るさえまばゆかった雲の峰は風に吹き崩されて夕方の空が青みわたると、真夏とはいいながらお日様の傾くに連れてさすがに凌ぎよくなる。やがて五日頃の月は葉桜の繁みから薄く光って見える、その下を蝙蝠が得たり顔にひらひらとかなたこなたへ飛んでいる。 …
作品に特徴的な語句
はが わかい にく むな おまえ 機会はめ 結局つもり しきり おや はい おっし つく みず 打付ぶつか 微笑えみ 過般こないだ めん 戯謔ふざけ 過失そそう 平生つね 生活くら 疲労くたびれ ただち 慇懃まめやか よろ 小片ちいさい あが 機会はずみ 金銭おあし 労働ほねおり 感情おもい いそ 一盃ひとつ 一陣いちじん におい おこ しん 頭髪あたま 頭顱つむり 旅行たび 口調くちぶり いにし 可笑おかし くわ 進上 おもい 快活きさく はし 御飯ごぜん 年月つきひ おこ はな 生々いきいき 男児おとこ 焜炉しちりん みな すま 真実ほんと まなこ 石鹸シャボン うか こま さら 明日あした ななめ かな はら はら 膳立ぜんだ 茫然ぼんやり たしか 薄禿うすっぱげ 虚空そら 見紛みまご だれ 幾度いくど 平生いつも ついや 小生わたくし 大片おおきいの 酒呑さけのみ おわ ごろ よい たん