“介添役”の読み方と例文
読み方割合
かいぞえやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後生大事に抱えて来た琵琶を、そっとさしおいてから、きちんと座を構えると、つづいて茂太郎が前と同じように介添役気取りで、少し前へ避けて坐り、さて
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
大講会総奉行大久保石見守長安、その家臣、その目付役、その介添役、等、等。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それで介添役赤布を振って砂場の中央まで引き寄せる。