“媒介役”の読み方と例文
読み方割合
なこうどやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内輪だけの式を挙げるというその当日には媒介役のその世話人夫婦と一緒に、お増夫婦もついて行った。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)