“介冑”の読み方と例文
読み方割合
かいちゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大江ノ匡衡は、と御尋ねあれば、鋭士数騎、介冑り、駿馬って、粟津の浜を過ぐるにも似て、其森然として当るものも無く見ゆ、と申す。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)