“介殻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かいがら75.0%
かひがら25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし沖のかたに潮満ち寄せる日中の白帆の群が介殻を立て並べたように鋭く閃めき、潮先の泡に向って飜り落ちてはまたぎ上る鴎の光って入乱れる影が、ふと眼に入ると
扉の彼方へ (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
雪童子は、風のように象の形のにのぼりました。雪には風で介殻のようなかたがつき、そのには、一本の大きなの木が、美しい黄金いろのやどりぎのまりをつけて立っていました。
水仙月の四日 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
それはやはり北上山地のへりの赤砂利から、牡蠣や何か、半鹹のところにでなければ住まない介殻の化石が出ました。
イギリス海岸 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
雪童子は、風のやうに象の形の丘にのぼりました。雪には風で介殻のやうなかたがつき、その頂には、一本の大きなの木が、美しい黄金いろのやどりぎのまりをつけて立つてゐました。
水仙月の四日 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)