“旅順”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょじゅん77.3%
りよじゆん22.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旅順もなかなか陥落しそうでないし、バルチック艦隊もいよいよ東洋に向って出発するそうだし、こりゃもう、大変な事になるかも知れない。
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
そこでホテルの支配人に、どこか静かな場所はないかと相談を持ちかけてみると、旅順の町はづれにある黄金台ホテルといふのを教へてくれた。
夜の鳥 (新字旧仮名) / 神西清(著)
日本人中には今日でもなほ外人して臺灣を「フオルモサ」、樺太を「サガレン」、朝鮮を「コレア」旅順を「ボート・アーサー」
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
そしてその古墳があちらこちらにつてゐますが、あの旅順西にある老鐵山などには城壁がありまして、そのあたりにはがたくさん散在してをります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)