夜の鳥よるのとり
去年の夏のことだ。 H君夫妻が、終戦後はじめて軽井沢の別荘びらきをするといふので、われわれ旧友二三人が招かれたことがある。そのなかに、久しぶりでわれわれの前に姿をあらはしたG君もゐた。これは思ひがけなかつた。 われわれ仲間といふのは、ほんの …
作品に特徴的な語句
可愛かわ うか ゆっ たい 後添のちぞい はば かご のが かぎ おぼ 木樵きこ あき にぎや 雨漏あまも たぐ たがい いささ 京城けいじょう 人気ひとけ 佩剣はいけん くるま 傲慢ごうまん 六朝りくちょう 内兜うちかぶと しぼ 出張でば 匈奴きょうど 北京ペキン 北魏ほくぎ かく 千樫ちかし ひる かえ おろ 可笑おか あき 咄嗟とっさ 咽喉のど ただ 啼声なきごえ 喧嘩けんか うわさ すわ 坦々たんたん 堆朱ついしゅ 堡塁ほうるい びん つぼ 外套がいとう 大連だいれん 天津てんしん 太原たいげん 奉天ほうてん 奔走ほんそう おど そう 小函こばこ 小沓こぐつ 小籠こかご なお 山東さんとう 工合ぐあい 平生へいぜい 弾痕だんこん 徳利とくり 恰好かっこう 戦蹟せんせき やく はかど 支那しな 新京しんきょう 旅順りょじゅん しばら かつ 朴訥ぼくとつ 李朝りちょう つえ つか 梶棒かじぼう むね 森閑しんかん 椅子いす たて 樹立こだち ほとん 気魄きはく くつ 沢山たくさん 洛陽らくよう 漆喰しっくい