“沖合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おきあい75.0%
おきあひ12.5%
おきあ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うんと集めてきて、山のように積みあげるんだ。もし今にも沖合に船影が見えたら、さっそくその枯草の山に火をつけて、救難信号にするんだ
恐竜島 (新字新仮名) / 海野十三(著)
かういふ津浪沖合てはして數尺さしかたないから、もしそれがまゝのさを海岸押寄せたならば、大抵無難なるべきはずである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
あるのこと、沖合いで、汽船衝突して、一そうはみ、ついに行方不明のものが、八あったそうだ。あのは、へくぐる名人だってな。
海が呼んだ話 (新字新仮名) / 小川未明(著)