海が呼んだ話うみがよんだはなし
自転車屋のおじさんが、こんど田舎へ帰ることになりました。清吉や、正二にとって、親しみの深いおじさんだったのです。三輪車の修繕もしてもらえば、ゴムまりのパンクしたのを直してもくれました。また、その家の勇ちゃんとはお友だちでもありました。おじさ …
作品に特徴的な語句
しょう うし なお 病院びょうういん うえ すく げつ がた 沖合おきあ せい ねつ 船室せんしつ 見下みお なか にん 他人たにん からだ はい ゆう 原因げんいん 変化へんか 夕焼ゆうやけ いえ きゅう 懐中かいちゅう あたら ほう あか 東京とうきょう しょう 生活せいかつ 腕組うでぐ わか した 親類しんるい はな あいだ 顔色かおいろ 一人ひとり した 二人ふたり ひと 人間にんげん 修繕しゅうぜん かさ ぼく うち わか まえ 医者いしゃ たまご とも 叔父おじ くち 口数くちかず おな 同情どうじょう 名人めいじん 報告ほうこく なつ ほか 大工だいく てん ねえ 子供こども 子細しさい 学校がっこう うち ちい 岩陰いわかげ かえ とし そこ みせ かたち あと おそ おも いき