“大薩摩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおざつま75.0%
おほさつま12.5%
おほざつま12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二幕目に大薩摩があって、浮舟の君と匂う宮のすだまとの振事じみたところがあると、急に顔色がうごいて、をつけて朗読なさりはじめた。
古い暦:私と坪内先生 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
可凄くも可恐き、大薩摩ばにく、大木綾錦み、こゝにきしが、よりびたれば、ふべからず、谷川なり。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
おほみそかは大薩摩の、ものくも可恐しき、荒海暗闇のあやかしより、山寺魍魎るまで、つてつゝ、くとも、巖間きて、川端辻占
五月より (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)