“二日灸”の読み方と例文
読み方割合
ふつかきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時候は立春、暮春余寒長閑日永の類をいふ。人事は初午二日灸涅槃会畑打雛祭汐干狩の類をいふ。天文は春雪、雪解、春月、春雨、霞、陽炎の類をいふ。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
この禰宜の妻二日灸針供養
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
二日灸和尚より灸の得手 碧梧桐
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)