分配ぶんぱい
四人もある私の子供の中で、亡くなった母さんを覚えているものは一人もない。ただいちばん上の子供だけが、わずかに母さんを覚えている。それもほんの子供心に。ようやくあの太郎が六歳ぐらいの時分の幼い記憶で。 母さんを記念するものも、だんだんすくなく …
作品に特徴的な語句
たん 年齢どし たよ 心地ごこち 末子すえこ らく かか ふる かど たず 配偶つれあい あらわ にお 一人ひとり のぼ 下町したまち 二人ふたり 二日ふつか 京橋きょうばし 伽噺とぎばなし にい 兄妹きょうだい 兄弟きょうだい 兄貴あにき 先立さきだ まる 函館はこだて 分別ふんべつ 勾配こうばい にお 叔母おば 叔父おじ 叢書そうしょ 台湾たいわん おな いな 土屋つちや うず 姉妹きょうだい めい ばあ とつ 子息むすこ とみ おか がけ 形見かたみ 往来ゆきき 恵那えな おも 成金なりきん もど 挨拶あいさつ 教鞭きょうべん 敷金しききん 新橋しんばし 日向ひなた 早昼はやひる 明日あす 暖簾のれん 更紗さらさ 書肆しょし 本郷ほんごう 椅子いす かあ 洗濯せんたく 為替かわせ とう じい 物乞ものご 生涯しょうがい おい 用達ようたし 田舎いなか 砂利じゃり くぼ 筒袖つつそで 箪笥たんす もみ あか ひも しま 羽織はおり ふと 肴屋さかなや 背丈せたけ 背負しょ