“しれず”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
不知90.5%
不明9.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、たゞ二人の口から、若の行方不知しれずになつた夕刻、屋敷から外へ出たものは一人もなかつたことだけは確かめました。
小舟町三丁目、俗に言う照降町の磯屋の新造でおりんという二十五になる女が二月ほど前に行方不知しれずになった。
そうして今度も一昨日から行方が不明しれずになったのである。
大鵬のゆくえ (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「角の酒屋の女隱居が、三毛猫が行方不明しれずになつたから、搜してくれと涙ながら頼んで來たよ。こつちはお禮が二分だが、それさへ斷わつたくらゐだ。百兩の搜し物を引受けて濟むと思ふか、八」