前記天満焼ぜんきてんまやけ
ここは大阪天満通の大塩中斎の塾である。 今講義が始まっている。 「王陽明の学説は、陸象山から発している。その象山の学説は、朱子の学から発している。周濂溪、張横渠、程明道、程伊川、これらの学説を集成したものが、すなわち朱子の学である。……朱子 …
作品に特徴的な語句
扮装みづくろ 扮装すがた あわい ほりわり しの ひら なら まげ 紛糾こんがらか 交叉つがい 点火ひともし ぬきんで 心中こころ よお 異様かわ 間隔へだて 乳母おんば 外国いこく 由縁いわれ 贋物いかさま おのれ おごそか 推察おしはか 燈火 こた 風俗みなり 国内うち 関係かかりあ 囲繞とりかこ 生長おいた 迂濶うっか 道程みちすがら うけたま ざま 悪漢わる 自由まま 救恤すくい 色彩いろ なの いじ せりふ 執念しつこ うぬ しわぶき うめき しん 危惧おそれ 単衣ひとえもの たか 不明しれな 飛田ひだ 乳母ばあや いなせ ひそ 悪侍わる 事件こと 端艇はしけ 恍惚うっとり 交際つきあい まんま 情夫いろ 破壊こわ 人混ひとごみ 後退あとじさ 彼奴きゃつ 当然あたりめえ 風俗なり 使命つかい 茫然ぼんやり 容貌きりょう ちぢ 依頼たのみ 燈火ともしび 否々いやいや 開店ひら 蹣跚よろめ あば 刺繍ぬいとり 出立いでた 国外そと みつぎ おぼ こら わたし 裁判さばき うなじ 発足 わか わし とう あた おとがい