“喜見城”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きけんじょう75.0%
リュウ・ド・プレジール25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蟹に乗ってら、曲馬の人魚だ、といううちに、その喜見城を離れて行く筈の電車が、もう一度、真下の雨にって、出て来た魚市の方へるのです。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
共にしたとはいうけれど、譬えば一家の主僕がその家を、輿を、犬を、三の食事を、を共にしていると変った事はない。一人のためにはその家は喜見城で、一人のためには牢獄だ。
大籬小籬、朱塗の見世格子に煌々とネオン照り映え、門松の枝吹き鳴らすモダン風、駄々羅太鼓の間拍子もなんとなくジャズめく当代の喜見城
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)