“喜多村瑞見”の読み方と例文
読み方割合
きたむらずいけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山口駿河は号を泉処という。当時外国奉行の首席である。函館奉行の組頭から監察(目付)に進んだ友人の喜多村瑞見とも親しい。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
十一屋の隠居はこの話を日ごろ出入りする幕府奥詰の医者で喜多村瑞見という人から聞いたと半蔵らに言い添えて見せた。さらに言葉を継いで
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
旅の空で寛斎が待ち受けた珍客は、喜多村瑞見と言って、幕府奥詰の医師仲間でも製薬局の管理をしていた人である。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)