“喜多村緑郎”の読み方と例文
読み方割合
きたむらろくろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はじめの二回はいずれも喜多村緑郎君や松崎天民君、花柳章太郎君、それに泉鏡花氏をもお誘いして発起人に加わってもらったのだが
怪談 (新字新仮名) / 平山蘆江(著)
サンプルをお目にかければ、床次竹二郎菊池寛与謝野晶子山室軍平賀川豊彦喜多村緑郎中村吉右衛門堺利彦丸山鶴吉、ざっとこんな工合である。
西隣塾記 (新字新仮名) / 小山清(著)
泉鏡花氏、喜多村緑郎氏の他、発起人として尽力したのは、平山蘆江氏や三宅孤軒氏などであった。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)