“喜多村信節”の読み方と例文
読み方割合
きたむらのぶよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今一つ出雲に行わるる譚とての色赤き訳を説きたるは、天保元年喜多村信節撰『嬉遊笑覧』九に載せた瓜姫の異態と見える。
喜多村信節の『筠庭雑録』にも見える。