“喜多村”の読み方と例文
読み方割合
きたむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二度目に新富座へ招かれていった時に、俳優としてあけっぱなしの彼女に、はじめて逢ったのであった。そのおりは、新派の喜多村と一座をしていた。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
喜多村君の開会の挨拶にで、典山小夜衣草紙や、福島清君、伊勢虎君、伊藤晴雨君、鹿塩秋菊君など、数々の怪談が、次から次へと人々を喜ばせた。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
やがて、書生の喜多村が、不二夫君を起こしにやってくるころです。
大金塊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)