大金塊だいきんかい
小学校六年生の宮瀬不二夫君は、たったひとり、広いおうちにるす番をしていました。 宮瀬君のおうちは、東京の西北のはずれにあたる荻窪の、さびしい丘の上に立っていました。このおうちは不二夫君のおじさんが建て …