“泉鏡花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いずみきょうか80.0%
いづみきやうくわ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はじめの二回はいずれも喜多村緑郎君や松崎天民君、花柳章太郎君、それに泉鏡花氏をもお誘いして発起人に加わってもらったのだが
怪談 (新字新仮名) / 平山蘆江(著)
泉鏡花氏、喜多村緑郎氏の他、発起人として尽力したのは、平山蘆江氏や三宅孤軒氏などであった。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
廿四年の六月が初刊であつたが、例の九号にもばずしてめてつたのです、小栗風葉の会員のから出たので、に来たのは泉鏡花ですが
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
されど日本現代の小説中、柔術の妙を極めし主人公は僅に泉鏡花氏が「芍薬の歌」の桐太郎のみ。柔術も予言者は故郷にれられざるの歎無きを得んや。好笑好笑。(二月十日)