“大伯父”の読み方と例文
読み方割合
おおおじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ねえ、」とおさんがった。「あの田舎きましたの、ミュッテンの大伯父さんのとこへ、ってるんですって。」
大伯父の子とからほとんど同じように力をこめて言われた女という言葉によって、自分の思っていたところも確かなものとなったように感じた。
彼の身内には音楽家は一人もいませんでした。ただ一人は大伯父だけが例外でした。この大伯父は多少調子の違った人物で、田舎の変人とも言うべき人でした。