“駕籠脇”の読み方と例文
読み方割合
かごわき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お駕籠先の左右に立ちましたのはお簾先と申します御家来、または駕籠の両側に附添うて居りますがお駕籠脇、そのがお刀番でございます
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
觸出して天一坊は直樣敷臺より乘物にて立出れば越前守は徒跣にて門際まで出て平伏す駕籠脇し戸を引ば天一坊は越前かと云に越前守ハツと御
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「わしも一町や二町、あれで乘りましたやろ。駕籠の側離れると病人がき出してげ出さうとするもんやよつて、到頭駕籠脇武士みたいなことを初めて勤めてうた。」
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)