“簾先”の読み方と例文
読み方割合
すだれさき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お駕籠先の左右に立ちましたのはお簾先と申します御家来、または駕籠の両側に附添うて居りますがお駕籠脇、そのがお刀番でございます
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)