“堪弁”の読み方と例文
読み方割合
かんべん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
従っては一切の情慾が弱くなり其代り堪弁と云う者が強くますから人を殺すほどの立腹は致しませずや立腹した所で力が足らぬから若い者を
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
娼「おや、花里さんにも呆れッちまアねえ、素惚気じゃア堪弁が出来ぬからね」
嬢さん何事も此の息子さんに免じてお前さんも堪弁なさい、何日までもに思っているとってお前さんの死んだ御家来さんの為にもならん、いか、又御亭主は客に対して無礼をしたとか
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)