“其譯”の読み方と例文
新字:其訳
読み方割合
そのわけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
するぞて藤兵衞が所持の脇差を如何の譯で汝ぢが手にたるぞサア/\其譯白状すべしと問詰られて彌十は苦痛堪兼も免れぬ處と覺悟を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此度改暦にても其譯らずして十二月の三日が正月の元日になるとりいふて、夢中にこれを夢中にこれをへなばくべきなれども、平生よりむべき書物
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
それはぞのお間違ひなるべし客樣にお懇親はなしよりおせしに相違けれど車代るより御用ありとはえず其譯せられて車代頂戴されたしと一歩かんとせぬ芳之助
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)