“もんどり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
翻筋斗40.9%
筋斗36.4%
飜筋斗13.6%
斛斗4.5%
飜斗4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
同時に、馬春堂もまた、賽銭箱に立ててあった蝋燭へ手をついて、コロコロと突ンのめるなり前へ翻筋斗打ったらしく
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つるや、筋斗ち、飜然んで、をつくとしく、眞倒にひよい/\とくこと十餘歩にして、けろりとまる。るもの驚歎せざるはなし。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
少しく体を前へめると、飜筋斗打って転げちるであろう。う思うと、飲料を用意していない彼はを覚えた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
赤蛙が化けたわ、化けたわと、親仁呵々と笑ったですが、もう耳も聞えず真暗三宝。何か黒山のような物に打付かって、斛斗を打って仰様に転ぶと、滝のような雨の中に、ひひんと馬のく声。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
飜斗うって古池に飛び込んだりするのは、この無邪気と悪戯っ気とがさせるです。
初蛙 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)