“横翻筋斗”の読み方と例文
読み方割合
よことんぼがえり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
公爵の両手は空に放たれ、相手の切尖が彼の背面、左右肩胛骨の中間にヌット顔を突出した。彼は子供が横翻筋斗をうつのを半分でやめるような恰好に幾度か大きくキリキリ舞をした。