サレーダイン公爵の罪業サレーダインこうしゃくのざいごう
フランボーがウェストミンスターにある彼の探偵事務所の仕事を一月休んだ時に、彼は撓舟のように小さい、一艘の小型の帆艇に乗って旅に出た。東部諸州の小さい川を通った時、それはあまりに小さいので、ちょうど魔法船が陸の牧場や麦畑の中を帆走って行くよう …
作品に特徴的な語句
えり 向側むかうがわ 聖母サンタ 自身じみ 退しりぞ やぐら 歿なく もと 小鬼エルフィン 広沢ブロード たず すくい 牡牛おすうし 短衣ちょっき 聴取きと 見惚みとれ つの ごと 赫々あかあか 足下そくか 野蛮やぼ 隠微かすか 鯱鉾しゃちこ こく すべ けん 川添かわぞい 巴里パリー 帆走はし 彼奴きゃつ 憶出おもいで つか それがし 橄欖オリーブ 牧場ぼくじょう 独言ひとりご 留針とめばり うたがい たち 立罩たてこ かん かげ よし つれ 青色せいしょく 一罎ひとびん 上衣うわぎ うち あだ 仇敵かたき 仙郷せんきょう そば 入込いりこ 出払ではら 切尖きっさき かく つるぎ 劔戟けんげき 力漕りきそう 卓子テーブル いな 吾等われら 咽喉のど 唖者おし うしな くちばし タイプ ねぐら ほか 孤巌こがん 定住じょうじゅう うち 小径こみち 小歇こや 山櫨さんざし おの 帆艇ヨット 師父しふ さいわい 引捉ひっとら 引立ひった 強請ゆすり いたず 心算つもり ドア こしら 撓舟かいぶね ゆえ のぞみ よこた かい まさ 気狂きちが はて 渺々びょうびょう たた