“逆筋斗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さかとんぼう50.0%
さかもんどり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
龜藏は逆筋斗を打っての縁へ投げ付けられるを、左のから時藏相助が打ってかゝるを、孝助はヒラリと引外し、腰にたる真鍮巻の木刀で相助の尻のをドンとつ。
勿論余も汽車の衝動と共に逆筋斗を打って、何所へか身体を打ち附けて暫しが程は何事だか殆ど合点の行かぬ程ではあったけれど
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)