“自負”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じふ90.9%
うぬぼれ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんどは、今日こそはと、つい通いつめ、さすが色事にかけては自負満々だった西門慶も、もうふらふらな様子だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
くせし以來は何にも彼にも只二人我口より此樣な事を申すは自負たれど吾儕性來潔白にて只正直を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼女はその自負を面白がっていた。そしてただ首を振って打消した。彼はなおも強情を張り通した。