“じふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ジフ
語句割合
自負58.8%
慈父17.6%
11.8%
11.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くせし以來は何にも彼にも只二人我口より此樣な事を申すは自負たれど吾儕性來潔白にて只正直を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
〔譯〕論語ず、是れ慈父の子を教ふる意思孟子を講ず、是れ伯兄のふる意思大學を講ず、に在る如し。中庸を講ず、を出づる如し。
透谷氏芭蕉池辺明月のを論じて曰く
は椅子の下、ぱたりぱたりときますれば