“とを”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トヲ
語句割合
46.7%
十歳46.7%
十個3.3%
十箇1.7%
1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗助小六には、まだ二人まつてゐたが、れも早世して仕舞つたので、兄弟とはひながら、つてゐる。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
先々代のの子で、十歳孤兒になつたお夏に、佐渡屋の女主人や娘達、奉公人達まで殺す動機があらうとも思はれません。
真鍮のの燭台を組、組、銅の燭台を組、大大のおらんだの皿を枚、錦手の皿を三十枚、ぎやまんの皿を百人前、青磁の茶碗を百人前、煙草盆を十個
住吉祭 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
土瓶形香爐形洋人百圓宛つたらうか。らく今頃は、あのに、十箇二錢つたかつたと、後悔をしてるであらうよ。
らに照らふ柑子ぞをなるそのこの母はころも干しつつ
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)