“じつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ジツ
語句割合
42.7%
24.1%
9.0%
7.4%
6.9%
凝然2.4%
1.9%
凝乎1.3%
実意0.5%
0.5%
0.3%
凝如0.3%
実情0.3%
0.3%
0.3%
地搗0.3%
0.3%
真情0.3%
静息0.3%
静止0.3%
靜乎0.3%
默念0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だツて紳士程金満家にもせよ、弁天男子見立たいのさ。とつてると背後けて。浅「弁天です、弁天さ。 ...
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
ぶときはそのしいきます。この綺麗ですが、しく、「ぶっ、ぽう、そう」ときつゞけます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
其後からつてやつても、からは依然として毎月に『御返事つてります』の葉書た。とう/\それが一年間いた。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
宿としてゐるのは、退屈であつた。宗助匆々宿浴衣てゝ、りの三尺欄干けて、興津つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
屍を守る見樣で、棒の如く突立つた女は、軈て俄然と身を投て、伏重なつたと思ふと、と僵れて身動も仕無い。
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
勘次かすやうにして木陰た。其處におつぎの浴衣姿凝然としてるのをかられることはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
うなると、一刻としてられぬのは武村兵曹である。腕拱いて、一心鐵檻車運轉めてつたが、大聲
「若し梅子さん、間違つてたなら勘弁して下ださいな——あの、篠田長二さんて方ぢやありませんか——」言ひつゝ銀子は凝乎と梅子を見たり、梅子は胸を押へてた只だきぬ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
人情の花もくさず義理の幹もしっかり立てて、普通のものにはできざるべき親切の相談を、一方ならぬ実意のあればこそ源太のかけてくれしに
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、を押へてみたが、可笑しくて堪らなかつた。新聞で見ると、国民党の犬養さんも吹き出したさうだし、京都大学の織田博士も笑つてゐる。真面目な仁保博士などは
二人きくつた。とする渠等姿さくつた。——飛騨のあたりは、土地呼吸をするのかもらぬ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ぶる、つてぶれるのが、んだんで、かすと工合で、此方めればつて、きもみもしない
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
凝如としていても爲方が無いので、バレツトも平筆も、臺の上にツたらかしたまゝ、ふいとツての内を廻ツて見る。それでも氣は變らない。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
何か見めてでもゐると、黒瞳凝如ツてとろけて了ひそうになツてゐる………うかと思ふと、目に物など見詰めてゐて、ふとを擡げた時などに、狼狽えたやうな
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
善吉も今日ッきり来ないものであると聞いては、これほど実情のある人を、何であんなに冷遇くしたろう、実に悪いことをしたと、大罪を犯したような気がする。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
見るのもいやなんだもの。信切な人ではあるし……。信切にされるほど厭になるんだもの。誰かのように、実情がないんじゃアなし、義理を知らないんじゃアなし……
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
たてが、ぞろ/\とくと、大袈裟のやうだが待合室には、あとに一人つた。それにしてもとしてはられない。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一寸りますので。」「終汽車ではありますまいね。それだととしてはられない。」「神戸行のです。」
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そのうちにもなかばになつたとふと、のあたりがにあかるくなつて、滿月そうぐらゐので、人々毛孔さへえるほどであります。
竹取物語 (旧字旧仮名) / 和田万吉(著)
瀬戸内海も少し西の方へ行くと、藁ではなくて円い石に多くの環を付けたものを、亥の子石と称して子供が使っており、形式は一段と地搗き地固めと近い。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
丁度私は俯いて答へてゐましたのに卓を打つ音に驚愕りして顔を上げると法官の顔が凄い様なんですの。私はと其顔を見てゐました。
獄中の女より男に (新字旧仮名) / 原田皐月(著)
ッ風邪で熱があって苦しいのだから、家に居て看病して呉れる位の真情が有りそうなものだとか厭味らしく抜かす。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
そここゝの樹の下に雄雌の鶏、土を浴びて静息として蹲踞つて居るのは、大方羽虫を振ふ為であらう。丁度この林檎畠を隔てゝ、向ふに草葺の屋根も見える——あゝ、お妻の生家だ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
何故、あの大日向が鷹匠町の宿から放逐された時に、自分は静止として居なかつたらう。何故彼様に泡を食つて、斯の蓮華寺へ引越して来たらう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
山は靜乎として村人等の爲すがまゝに委せてゐる。
山岳美観:02 山岳美観 (旧字旧仮名) / 吉江喬松(著)
かく軍艦乘組んでは一刻默念とはしてられぬ、かつは艦長松島海軍大佐軍艦」の全員が、自分敬愛する櫻木大佐のために誠心から盡力してれるのが、からしく