“雄雌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おすめす50.0%
をすめす50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は兇暴な嫉妬にえてミチを蹴倒すと、その髪をつかみ、その白い肉体を打擲し始めた。それは無言の若い雄雌の野獣の闘争であった。ミチはのた打った。
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
そここゝの樹の下に雄雌の鶏、土を浴びて静息として蹲踞つて居るのは、大方羽虫を振ふ為であらう。丁度この林檎畠を隔てゝ、向ふに草葺の屋根も見える——あゝ、お妻の生家だ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)