“論語”の読み方と例文
読み方割合
ろんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木彫のあの、和蘭陀靴は、スポンとせて引顛返る。……をくつて、論語は、ばら/\と暖爐つて、ぎながら、く。
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
また論語にしがみついたりしましたが——ふと、国学にはいって、この皇国の真髄を明示されてから、断然、髪をたくわえて、江戸にのぼりました。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さりながら論語きて梅暦六韜三略とする当世若檀那気質れとは反対にて愈々もしからず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)